東洋医学から見た肺

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 咳が続いている
  • 風邪をひきやすい
  • 肌がカサカサしやすい
  • リラックスして呼吸ができない
  • 肩こりや背中の違和感が出やすくなる
東洋医学における肺は
  • 呼吸機能の中心
  • 人体に水分をまんべんなく散布する
  • 肌の潤いや荒れ具合に関係する
  • 物事を心配し過ぎないようにコントロールしている
  • 体内を清潔に保つ

『呼吸の中心となり人体の清濁を区別する』の総称です。
『肌がカサカサしやすい』『慢性的に咳に悩んでいる』などの不調は肺が乱れてしまっているからだと東洋医学では考えます。『呼吸活動に深く関わる機能なので乱れるとそこに関連したお悩みに見舞われます』
『咳に一生悩むのは嫌だ!』
とお考えの方は東洋医学にご相談ください。
YOUTUBEで東洋医学からみた肺の仕組みを見る

院長の紹介

初めまして、院長の坂野です。

これまで鍼灸院、接骨院、中医学専門院、老人ホーム、往診専門で開業などで経験を積み、これらで培ったノウハウを元に、町田で最後の駆け込み寺を目指してグランハート町田鍼灸院を開業しました。

鍼灸師、医薬品登録販売者の国家資格を保有しています。

お陰様で、今まで消えなかったお悩みから解放されたと多数のお喜びの声をいただいております。

私一人で開いている小さな鍼灸院ですが、ご縁のあった皆様に『来てよかった』と感じていただけるよう、一期一会の施術を心がけています。