鍼灸

こんな不調でお悩みではありませんか?

鍼灸イラスト

  • 自律神経が乱れやすい自覚がある
  • 更年期の悩み・女性特有の不調に悩んでいる
  • 虚弱体質・小児アレルギーに悩んでいる
  • ひどい夜泣き・疳の虫で眠れていない
  • 夜尿症に悩んでいる

鍼灸とは身体に点在する「ツボ」を使って、乱れたバランスを整える施術です。

肩こりや腰痛等の運動器系の施術に関しては、痛みの直接の原因となっているインナーマッスルと呼ばれる深層筋や関節に対して調整が可能です。

当院は東洋医学的観点と西洋医学的観点の要素を組み合わせて施術を行います。

鍼灸の特徴

鍼施術はここがいい

急性・慢性どちらのケガにでも対応可能!

鍼灸を損傷部位に施すことにより周囲に血液・リンパ液などが集まり免疫機能が向上するので、急性のケガのみならず慢性の痛みでも筋肉や関節の痛みの修復を助け、早期回復へ促します。

鍼灸は指では届かない深層筋へのアプローチが可能!

腰痛や肩こりの多くの原因は、普段の悪い姿勢が重なってきたことにあります。

身体の深層部には姿勢を維持する筋肉が多く走っているので、深層筋の緊張をほぐしてあげることで、腰痛や肩こりの回復を促します。

さらに鍼に電気を通して施術する「低周波鍼通電法」筋膜の癒着を剥がす「運動鍼」等の様々な方法の施術をご提供します。

原因不明の不調へのアプローチが可能!

東洋医学的な観点からのアプローチにより対応が可能です。頭痛・耳鳴り・めまい・身体の火照りなどの不調に結果が出ています。

自律神経の働きを促し活性化!

鍼を刺入することで、交感神経の機能抑制と副交感神経の機能へ反応が出てきます。そうすることで血管が拡張し、血流が良くなり体内の働きが活発になります。

女性特有のお悩みやお子様の不調にもオススメです!

イメージ②

女性のお悩み(更年期・月経不順・妊活など…)

東洋医学の歴史では、鍼灸の施術対象は運動器の不調以上に内科系の不調でした。その中でも産婦人科領域の多くが施術対象とされてきました。

月経不順や月経痛だけでなく、不妊や逆子などの安産の対応可能です。あらゆる面でナチュラル志向が好まれる中で、東洋医学は身体が本来持っている力を引き出す役割です。

お子様の不調(疳の虫・夜泣き・夜尿など…)

小児鍼

お子様は身体が完成していないので、熱を出しやすい、お腹を下すことが多い、気持ちが落ち着かない…など大人以上に身体と心は生活環境の影響を受けやすいです。

当院の小児鍼は鍼を刺さずに皮膚をさすってあげることで自律神経を整えて不調を緩和しますので、お子様に掛かる負担はほとんどありません。

施術中に気持ち良くて寝てしまう子もいます。

ご家族皆様の体調のトータルサポートを目指します

施術写真

妊娠からその先、ご出産、産後の体調のトータルケアを行っています。

逆子になってしまった時の『逆子の灸』
お腹にいる赤ちゃんにも健康に過ごしてもらうための『安産の灸』
ご出産のあとも0歳から受けられる『小児鍼』
など、赤ちゃんがお腹の中にいるときから健康作りお手伝いをさせていただいております。

※逆子の灸、妊娠中の体調ケアは安定期に入り、医師の了承を得た上でお越しください。
※妊娠中の施術は安定期に入り、医師に確認を得た上でお越しください。
※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:鍼灸師 坂野 丹天が監修しています