自律神経からくる腰痛

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 凝りをほぐしても腰痛が消えない
  • 慢性的に長い間悩んでいる
  • 生活や仕事に支障が出るレベルなので何とかしたい
  • 時間が掛かってもキチンと整える方法を探している
  • 今まで気が付かなった本当の根本を教えてほしい

自律神経からくる腰痛

長年の腰痛には自律神経由来のものも存在します。
自律神経が乱れる由来は、大本である脳の疲労です。
脳が疲労すると血流や熱は頭から頸肩に集中するので、腰や腹部や胃腸への血流が減少し隠れ冷え性を伴います。
結果的に腰は栄養不足、血流不足により弱体化し、自己を支える活力を失い慢性腰痛を生じていきます。
骨盤の矯正は丹天堂でも行っていますが、見てくれの前に根本的な自己温存バランスを保つべき脳や自律神経が乱れたままでは修正のしようがありません。
東洋理論における経穴(ツボ)は脳、自律神経、内臓と連絡しているので自己を保つ根本機能を正常化していく役割を担います。
単純にほぐすだけを繰り返して一向に変化しない方に東洋理論。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

丹天堂 町田鶴川鍼灸院

自律神経と腰を整える栄養素

タンパク質は筋肉、セロトニン(幸せホルモン)、熱の原材料となります。慢性的な腰痛の方はタンパク質量も足りていない場合が多いので、プロテインの摂取もお勧めします。