自律神経からくるチック

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 体が勝手に動くのが止められない
  • 声が勝手に出ることもある
  • 子供の頃から悩んでいるが、一向に落ち着かない
  • 薬は習慣的に使っているが変わらない
  • 周りの目を気にしないで生活できるようになりたい

自律神経からくるチック

不随意運動(意識と関係なく体が動く)を呈する不調ですが、これは自律神経と深く関連しているのは明白です。
チックの要因となりえるのは
・過度な疲労、強度のストレスなど外因的なもの。
・タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、特定の栄養不足による飢餓
・カフェイン、アルコール、煙草の過剰な摂取。
・生活習慣による休息、睡眠不足などの習慣的なもの。
が挙げられます。
これらは自律神経ないし大本である脳を過活動させる要因であり、過剰な運動信号を神経が発するようになった結果がチックになります。
東洋理論の経穴(ツボ)は過剰に反応を起こす神経の働きを鎮静化する役割を担う施術点です。
自信を持ってこの不調に鍼灸が有用性があると言えるのは、院長も幼年期~20代半ばまでチックに悩み、東洋理論の施術で整えた経験者だからです。
お悩みの方は町田鶴川鍼灸院 丹天堂にご相談ください。。

チックや自律神経を整えるに大切な養生法

先ずは十分な休息をとること。ストレスの要因となる出来事から極力距離を作ること。
そして何より大切なのは栄養補給です。タンパク質、ビタミン、ミネラルは人体を構築する基本の材料ですが、何かしらの不調を抱えている状態の方は何かしら不足が起きている可能性が非常に高いです。食事だけでなく、サプリメントによる効率的な摂取は大切です