神経不調の概要

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 刺すような痛みが走る
  • 冷えると辛さが強くなる
  • ビリビリと痺れる感じもある
  • 感覚鈍麻も併発している
  • オペを勧められたが切りたくない

神経不調の概要

神経痛は顔面、手の平~腕、腰~足、体幹など全身を通して出現する可能性のある問題です。
何故なら神経は人体の全てを管理するネットワークを繋ぐケーブル故だからです。
神経痛を引き起こすとされている要因は椎ヘルニア、腫瘍、感染などが挙げられますが、最終的に問題になるのは神経そのものの疲労状態です。
神経に管理されていない人体器官はありません。
生活習慣、ストレス、睡眠不足、質的栄養飢餓、アルコールやカフェインの常用など神経のコンディションを著しく低下させる要因の積み重ねが有る上で、ヘルニアなどの最後の一押しが具体的な神経痛を引き起こします。
逆に言えば神経のコンディションを整えていけば、ヘルニアや腫瘍が存在しても神経痛は鎮静化できます。
東洋理論における経穴(ツボ)は神経の過剰な反応、休息を促すように働く施術点になります。
ただ解す、刺激するのではなく、摩る程度の加減で経穴を用いて働きかけるのが東洋鍼灸の神髄。
お悩みの方は東洋理論の丹天堂 町田鶴川鍼灸院へご相談ください。

神経を癒すのに大切な食養法

タンパク質、ビタミン類、ミネラルは人体を構成する主要な栄養素です。タンパク質は神経そのものの材料に、ビタミンは疲労した神経を整える意味合いを持ち、ミネラルは血流を正常化し神経を養います。
不調が酷い状態では食事だけでなくサプリメントなど効率的に摂取するのをお勧めします。