神経の問題 肋間神経

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 鋭い痛みが脇腹に走る
  • 帯状疱疹から不調が出るようになった
  • 咳やくしゃみで強く痛む
  • 背中にも辛さが出る
  • 湿布など使っても変化しない

肋間神経

片方の胸周りから腹部にかけて電気が走るような激しいイタミが走るお悩みです。帯状疱疹や圧迫骨折など要因が明確な原発性、要因が不明瞭な特発性に大別されます。
要因を除去しても手術などで名残としての神経痛が残存するケースも見受けられますが、これは神経そのものの疲労状態も不調に関与するからです。
なにかしらの負荷がかかっている状態が経過すると神経には負の記憶も定着してしまい、残存する結果に繋がります。
東洋理論における経穴(ツボ)は疲労している神経が休息し、負の記憶を薄れさせていく役割を担う施術点です。
適切な鍼灸施術を行うことで経穴が十分に働く環境を整備し、結果的に不調が整うのが東洋の鍼灸。
お悩みの方は東洋理論の丹天堂 町田鶴川鍼灸院にご相談ください。

肋間神経の疲労を整えるのに必要な栄養素

タンパク質は神経そのものの原料になり、鎮静化するホルモンの素材にもなる栄養素です。
追加でビタミン類も十分に摂取されるのがよろしいかと思います。