神経の問題 三叉神経

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 顔に強いイタみが出現する
  • 洗顔や化粧などする度に辛い
  • 出現するたびに激しい辛さが出て苦しい
  • 夜に増悪するので寝られない
  • オペを勧められたが切りたくない

三叉神経

顔面に激しいイタミが出現するお悩みになります。
当院に寄せられるご相談では『切るしかないと言われたけど、それは嫌だ』と言うものです。
そもそも必ず切る必要があるのでしょうか?
三叉神経は脳から直接顔面へ伸びて、顔面と脳を連絡させる神経になります。
脳が疲労している、過剰に興奮しているなどの状態が続くと延長線上である三叉神経にも不調を来たしてしまうのが正体です。
東洋理論における経穴(ツボ)は全身に存在し、その全てが脳や神経とリンクしています。なので経穴へ鍼灸を施すのは脳と神経のリズムを安定させ、お悩みを鎮静化させていきます(顔面へ鍼を刺すのではなく、手足や背中のツボを用いるので怖くありません)。
切るという選択肢から離れたい方は丹天堂 町田鶴川鍼灸院へ一度ご相談ください。

三叉神経を落ち着ける栄養素

ビタミン類(特にB6とB12)は神経を鎮静化させるのに激しく消耗される栄養素です。ビタミンはタンパク質と結合して働くのでマルチビタミン、プロテインなどを上手く使うのをお勧めします。

お喜びの声です。