自律神経からくるパニック障害

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 気持ちが落ち着かなくて生活に支障が出ている
  • 電車やバスなどに乗るのが怖く、外出できない
  • 頭痛や眩暈など他の自律神経不調も出ている
  • 精神安つかい定剤を使い続けているが、減らしていきたい
  • 安心して生活できるようになりたい

自律神経からくるパニック障害

自律神経のバランスの崩れは精神のパニックを引き起こします。
過度な労働、ストレスなどの外因的要因。
栄養不足、運動不足、睡眠不足などの内因的要因。
アルコール、カフェインなどの過剰摂取による薬品的要因。
これらが重なると自律神経、ないし大本である脳が疲労ないし過活動し、精神状態がパニックに陥ります。
東洋理論における経穴(ツボ)は脳や自律神経のサイクルを正常化する反応を起こすポイントですが、これに最適な施術は鍼灸術です。
それも強く刺すのではなく、摩る、心地よい、温かい程度の安心した加減の東洋の鍼灸のみ。
東洋理論専門の丹天堂 町田鶴川鍼灸院にご相談ください。

パニックを落ち着ける食養法

精神を安定させるセロトニン(幸せホルモン)やドーパミン(活力を生むホルモン)の原材料はタンパク質です。神経伝達物質を活性化させるビタミン群、貧血による酸素不足を解消する鉄などのミネラルも必要に応じて摂取するのは大切です。パニック状態では何かしら栄養不足に陥っている可能性が高いですが、そういう時はサプリメントによる効率的な摂取も方法です。