更年期による関節痛

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 更年期に入り体全体の動きが鈍くなってきた
  • 柔軟性が落ちたので姿勢も悪くなっている
  • 気分の浮き沈み、イライラ、冷や汗などの不定愁訴にも悩んでいる
  • 歳のせいと言われてしまい諦めそうだ
  • これから先の人生も健康に過ごしたい

更年期による関節痛

更年期に入ると関節に関与する不調が増えてきます。
肩関節、膝関節、股関節、顎関節、指関節、肘関節、など部位を問わず出現するのは女性ホルモン(エストロゲン)が関節を滑らかに保ち役割を担うからです。
そうなれば単純に関節を矯正するなど難しいのはご理解頂けると思います。
人体が自分でホルモン分泌を促すように調整しながら、痛みを伴い、動きの悪い関節を解していく必要があります。
東洋理論における経穴(ツボ)は適切な鍼灸を施すとホルモンや自律神経のサイクルを正常化する反応を起こします。
また鍼は指では届かない深部まで緩めることが出来るので、関節の不調には相性良きです。
お悩みの方は丹天堂 町田鶴川鍼灸院にご相談ください。

関節における栄養素

関節にヒアルロン酸など耳にしますが、ヒアルロン酸の正体はタンパク質です。
注射よりもプロテインなどで胃腸から吸収するほうが効率が良いので、ご自分で出来る養生法として必須になります。