更年期によるヘバーデン結節・ブシャール結節(指関節の変形)

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 指が腫れて動かし辛い
  • 熱や痛みを伴うので不便だ
  • 画像を撮影しても具体的な対処法が分からない
  • このまま動かせなくなるのではないかと不安だ
  • 指以外の悩みも併発してるので纏めて対処したい

更年期によるヘバーデン結節・ブシャール結節(指関節の変形)

指の第1、第2関節が変形、腫れる、痛みを伴う状態です。
更年期入ると女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで関節の滑らかさが失われ、指の部位で変形を起こす不調です。
一般的には固定、安静、消炎鎮痛が施されますが、それでは変わらないからと丹天堂にご相談が寄せられます。
東洋理論における経穴(ツボ)はホルモン分泌の調整と関与し、また更年期出現する不定愁訴、自律神経失調にも有用性を持ちます。
体内リズムを整えることで不調を鎮静していくので、関節以外の不定愁訴、自律神経失調も同時にアプローチする必要があり、東洋理論ではそれが可能です。
お悩みの方は丹天堂にご相談ください。