更年期に関係した疲労感・倦怠感

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 更年期に入ってから疲れやすくなった
  • サボり癖と言われるが本当に動けない
  • 検査しても歳のせいと言われるのが辛い
  • 薬を飲み続けるのは嫌だ
  • 根本原因をキチンと整えたい

更年期に関係した疲労感・倦怠感

更年期における疲労感・倦怠感は放っておいて良いものではありません。
更年期に入ると女性ホルモン (エストロゲン)が減少していきますが、このホルモンは脳や自律神経を円滑に作動させる役割を担うので、結果として十分な休息のスイッチが入らず、延々と倦怠感に悩まざるを得なくなります。
幾ら睡眠を取ろうと、休もうと、ホルモンや神経のリズムが崩れてる状態では元も子もありません。
更年期の解決法として東洋理論における経穴(ツボ)の理論が有用性を担うのは、経穴の全てが脳、自律神経、ホルモン分泌器官と連絡している為、適切な鍼灸施術を施すことでバランスを整える役割を担う故です。
更年期に関係した疲労感・倦怠感はサボり癖ではありません。
お悩みの方は東洋理論の丹天堂 町田鶴川鍼灸院にご相談ください。

疲労感・倦怠感を変えるのに大切な栄養素

タンパク質は筋肉だけでなくセロトニン(幸せホルモン)、ドーパミン(活力を生むホルモン)血液など体を活動的にする要素の原料となります。加えて貧血気味の方は鉄分。ストレスフルな方はビタミン群(特にB群)を追加で摂取するのが大切です。
不調が強い段階ではサプリメントの使用も効率的です。