更年期障害の概要

更年期障害の概要

年齢を重ねることで女性ホルモンの分泌が減少し生じる不調になります。
LOH(男性更年期様障害)も存在するので一様に女性のみの不調とは限りません。
頭痛、肩凝り、腰痛、心の不安定感、睡眠の乱れ、多汗、ホットフラッシュ、動悸、息切れ、手足の冷え……etcなど多岐に渡る形で出現するのが特徴です。
東洋理論ではこれらは女性ホルモンが減少することで起きる脳疲労が要因とされています。
脳は人体全てを統括する中枢機関。よって疲労を生じることで人体各所への命令系統がみだれ、多岐に渡る不調として人体を侵します。
東洋理論の経穴(ツボ)は脳と連絡しており、適切な鍼灸施術を添えることで本来のバランスを取り戻す様に働きかける役割を担います。
お悩みの方は丹天堂 町田鶴川鍼灸院にご相談ください。

更年期を整える食養法

タンパク質、ビタミン類、ミネラルは各種ホルモンの材料になり、その他においても人体の構成する基本的な栄養素です。不調が強い、安定しない時などは食事だけでなくサプリメントなどから効率良く摂取するのも大切です。