腱鞘炎

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 使い過ぎで傷めてしまった
  • 関節の周辺が徐々に腫れてきている
  • 徐々に関節を伸ばすのが辛くなってきている
  • 生活で使う部位だから休められない
  • 仕事をしながらでもキチンと整える施術をしたい

腱鞘炎

腱を包む膜状の鞘に炎症を生じるお悩みです。手首周りに好発します。
一般的には使いすぎによる炎症、怪我とされますが、痛み止めを使っても変化がないとされる方が丹天鍼灸堂にお越しになります。
東洋理論では腱鞘炎を生じるのは更年期の方が多いとされています(男性も更年期様の状態に陥る方はいらっしゃいます)。
一見関係なさそうに思える特徴ですが、女性ホルモン(エストロゲン)は腱鞘を滑らかに保つ役割も担うので、減少すると腱鞘に限らず炎症状態を生じやすくなっていきます。
東洋理論による経穴(ツボ)はホルモン産生箇所である卵巣、精巣と神経を通じて連絡しているので、適切な鍼灸施術を施す事で整えていきます。
炎症で固まっている部分も緩めてやれば、キチンと落ち着くお悩みです。
他所で変化しない方は丹天鍼灸堂にご相談ください。