こむら返り

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 突然、筋肉が引きつってしまう
  • 急激なイタミがいきなり襲ってくる
  • 寝ているときに起こるので心配だ
  • 引きつった後は暫くイタミで動けない
  • 薬を使っても落ち着いてくれない

こむら返りこむら返りは主に脹脛(ふくらはぎ)に起こる、筋肉の引きつれを指します。イタミの程度は酷いものになると就寝中の意識が飛び起きてしまう程の激痛となる厄介なお悩みです。筋肉の緊張、筋膜の癒着、血流の不良、水分や電解質の不足などが原因に挙げられますが、基本的には対処療法(お悩みが起きてからの処置)が基本となるので、未然に防ぐのは難しいとされてきましたが、本当にそうなのでしょうか?東洋医学に視点を移して見ていきましょう。

東洋医学からみたこむら返り

東洋医学の肝筋肉や筋膜を司る肝の変動によって引き起こされるとされています。ご来院いただいた方のお話をお伺いしますと、肝の変動に含まれる頭痛、肩こり、腰痛、女性なら生理痛や不順なども併せてお持ちの場合がほとんどになります。実際、筋肉の異常緊張が頻回に起きるのも、単純に筋肉が凝っているだけでなく、五臓六腑の乱れにより硬くなりやすい体質になっているのが問題です。根本的な体質改善が得意な東洋医学にお任せください。
☆もっと詳しく東洋医学から見た肝を読む

深部整体のFRSテクニック

施術写真深部整体のFRSテクニック(筋膜リリース)は痙攣が起きている部位を緩めるのに非常に有効的です。筋膜は全身を一枚綴りで繋いでいる膜であり、脹脛以外の部位が癒着していても緊張を誘発してしまいます。激しい筋疲労を抱えるプロアスリートも絶賛の施術です。全身の調整は深部整体にお任せください。
☆もっと詳しく深部整体について読む

どのくらいのペースで通うんですか?

週1~2回を1週間、よほど時間が掛かっても3週間ほどでイタミ自体は取り除くことがほとんどです。(個人差がありますのであくまで目安です)。また利尿作用により脱水を起こすアルコール、カフェインなどの薬物は控えていただきます。