頭痛に関するお悩み 緊張型頭痛

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 鈍い頭痛が続いている
  • 後頭部から首筋いかけて辛さがある
  • 頭が締め付けられるように辛い
  • 予兆なく気が付いたら頭痛になるので予防ができない
  • 怠さや眩暈も併発する

緊張型頭痛

肩凝り、首凝りと連動して出現する頭痛になります。
当院にお越しになる利用者様に多いのは「他店でほぐしてもすぐ戻る」というものです。
東洋理論における頭痛の要因は脳疲労になります。
単純な話で脳が疲れているからこそ、休息を欲するサインとして頭痛が出現するのです。
肩凝り、首凝りが連動するのは脳が疲労すると首や肩に力を入れる命令を発信するからです。ほぐしても直ぐに頭痛が再出現するのは脳のスイッチが休息へ切り替わらないからです。
東洋における経穴(ツボ)の理論はその全てが脳とリンクし、鍼灸を添えることで休息のリズムを作り出します。
長年の頭痛にお悩みの方は丹天堂 町田鶴川鍼灸院にご連絡ください。

緊張型頭痛を整えるのに必要な栄養素

肩凝りと併発する特性からタンパク質の摂取は非常に大切な栄養摂取になります。またタンパク質はセロトニン(幸せホルモン)の原材料になり、脳の疲労も安定して回復させます。ビタミン不足、貧血などの方はそちらもセットで摂るのが望ましいでしょう。