頭痛に関するお悩み 群発性頭痛

こんな不調でお悩みではありませんか?

  • 目の周りから頭にかけて激しい頭痛が出る
  • 夜も寝つきが悪い
  • 強い光を受けると不快感が増す
  • 脈打つようなズキズキがある
  • 一か月以上頭痛が続く

群発性頭痛

片側の頭、目の奥が激しいイタミに襲われる頭痛になります。
傾向として見られるのは「気持ちが興奮していてイライラしやすい」「夜間や睡眠中に出現しやすい」「酷いときは毎日のように繰り返す」などが挙げられます。
東洋理論ではこれらは全て脳の興奮として捉えて施術していきます。
単純な話で脳が過剰に活動しオーバーヒートを起こしている状態となります。
自分の力でリラックスしたモードへ移行できない故に限界を迎えているわけですが、だからこそ東洋理論の経穴(ツボ)の理論が大切になってきます。
経穴はその全てが脳と連絡しているので、鍼灸を適切に施すことで鎮静のリズムを学習させ、頭痛を収めていく役割を担います。
永遠にその場凌ぎの対処法に頼るのではなく、キチンと解消したい方は丹天堂 町田鶴川鍼灸院にご相談ください。

脳を鎮静化するのに必要な栄養素

タンパク質は脳をリラックスさせるセロトニン(幸せホルモン)の原材料になります。またビタミン類も過労状態の脳内では消費が著しいので追加摂取が望ましいです。